当社のフルボフコイダンの原料である「オキナワモズク」由来のフコイダン。安心・安全な国産であるという点だけでなく、他の海藻類に比べその効果に高い期待が持てるという点に非常に注目しました。その効果については、多くの研究者、ドクターが注目しています。

今回はの対談は、群馬大学医学部で長年にわたり肝臓病を研究してきた長嶺竹明博士とそれを製造するサウスプロダクトの伊波匠彦社長。お二人にフコイダンの現在と将来を語っていただきました。

 

【対談者】

  • 伊波匡彦(いは まさひこ)

株式会社サウスプロダクト代表取締役社長

1964年、那覇市生まれ。89年に琉球大学大学院農学研究科修士課程修了。トロピカルテクノセンター等を経て03年にサウスプロダクト創業。同年に九州大学大学院薬学研究院創薬化学学位(博士)取得。

 

  • 長嶺竹明(ながみね たけあき)

医学博士(前・群馬大学大学院保健学研究科教授)1949年、那覇市生まれ。76年に群馬大学医学部を卒業し、同学部第一内科に入局。保健学科教授を経て11年に同大学院保健学研究科教授に就任。この3月に退官し、4月からは沖縄で治療・研究に携わる。

 

「会社を作らなきゃ」オキナワモズクで起業

長嶺:まず私とフコイダンの関わりからお話ししましょう。私はこの3月まで群馬大学の医学部で主に肝臓病について研究していたのですが、ある時に炭水化物の1種である多糖類が肝臓ガンに効くのではないかと思い始めました。そこでいろんな多糖類を試した中で一番効果が高かったのがフコイダンだったというわけです。私はそれまでフコイダンについての知識はなかったのですが、それがどうも沖縄で作られているらしいと。

 

伊波:まだフコイダンがブームになる前の話ですよね。

 

長嶺:15年ぐらい前でしたからね。そこで沖縄県庁に勤めていた高校の同級生から当時のトロピカルテクノセンター(TTC。2014年3月に解散)を紹介してもらったら、そこのフコイダン担当者が伊波さんとの出会いです。

 

伊波:私の研究テーマは原料のオキナワモズクからフコイダンを抽出・精製する技術を開発する事でした。当時はフコイダンの生理活性や機能性を調べたいという研究者から問合せがありました。その中に長嶺先生もいらっしゃったんですね。苗字をお聞きして「先生はもしかして沖縄のご出身ですか」と尋ねたんです。そんな会話から長嶺先生とのお付き合いが始まりました。

 

長嶺:あのころの伊波さんがまさか独立してこんなに立派になるとは思ってもみなかったです(笑)。

 

伊波:そうですね(笑)。実は、2002年に本土復帰30周年記念事業「沖縄ベンチャービジネス大賞」が創設されて時に、周りから勧められてオキナワモズクからフコイダンの抽出・生産に関する事業計画を提案したら、大賞を受賞してしまいました。その時の副賞が起業を前提としての1000万円でしたので、軽いノリで「じゃあ会社をつくらなきゃ」と。当時いた6名のスタッフは研究開発事業が修了する時点で契約が解除されることになっていました。それなら研究成果を事業化して彼らを再雇用しようと思ったわけです。せっかく技術者として育っていましたから。長嶺先生と出会って2年後くらいでしたかね。

 

※②に続く

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】