【対談者】

伊波匡彦(いは まさひこ)

株式会社サウスプロダクト代表取締役社長

1964年、那覇市生まれ。89年に琉球大学大学院農学研究科修士課程修了。トロピカルテクノセンター等を経て03年にサウスプロダクト創業。同年に九州大学大学院薬学研究院創薬化学学位(博士)取得。

 

長嶺竹明(ながみね たけあき)

医学博士(前・群馬大学大学院保健学研究科教授)1949年、那覇市生まれ。76年に群馬大学医学部を卒業し、同学部第一内科に入局。保健学科教授を経て11年に同大学院保健学研究科教授に就任。この3月に退官し、4月からは沖縄で治療・研究に携わる。

 

 

肝臓治療で沖縄の地域医療に貢献

 

長嶺 :私はこの4月から沖縄に赴任しますので、これまでに積み上げてきた研究を臨床の現場で実践したいと思っています。あと、研究には設備やスタッフが必要ですから、それをどうにか構築していきたいですね。

 

伊波 :私に任せてください(笑)。弊社にはフコイダン生産プラントや、フコイダンの構造解析や分離精製する技術があります。分子量や構造が異なるいろんなフコイダンの何がいいかというと、まず含有量が多いこと。コンブやワカメ、ヒジキなど、フコイダンを含む他の褐藻類にはフコイダン以外の多糖類もたくさん含まれているのでぶんりするのが大変です。オキナワモズクはほとんどがフコイダン。純度の高いフコイダンを抽出できるのも弊社の強みといえますね。

 

長嶺 :心強いパートナーですね(笑)実はフコイダンにも分子量の大きいものや小さいものなどいろいろあって、大きさによって生理活性が全然違います。伊波さんからいろんな分子量を持つフコイダンを提供してもらっています。話は変わりますが、先ほど話したように私の専門は肝臓病です。実は最近、C型肝炎がインターフェロンを使わずに薬剤の経口投与で治るようになりました。私は群馬県の肝炎インターフェロン治療費助成審査委員会の委員長を5年間務めた経験がありますので、この分野でも沖縄県の地域医療に貢献していきたいと考えています。いずれにせよ、赴任先の大道中央病院では希望される患者さんにフコイダンを摂取して頂きながらフコイダンの効果を明らかにしていきたいですね

 

伊波 :私のテーマは「沖縄のものを県外・海外に展開して、外貨をしっかり沖縄に持ってくる」ということです。その中で一番優先順位が高いものがオキナワモズク。なぜかというと、オキナワモズクは北限が奄美大島で、南限が石垣島。つまり南西諸島の固有種ということ。オキナワモズクは競争力の高い農林水産物です。そのモズクをフコイダンにすることで付加価値を高めていく。長嶺先生と共同研究する事でその付加価値はさらに上がってくるものと考えています。これからもよろしくお願いします。

 

長嶺 :こちらこそよろしくお願いします。

 

※「オキナワグラフ」2015年4月号掲載記事より

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】