モズク漁場t

 

アポトーシス作用
フコイダンがどのようにしてガン細胞を自殺させるのか、そのメカニズムについて、アメリカの「JFKメディカルセンター」の研究成果では、体内に入ったフコイダンはガン細胞に接触すると、細胞の表面に出ているアポトーシス(自然死、自殺)のスイッチを押します。すると、ガン細胞の核にある遺伝子から自殺シグナルが出され、細胞は自らDNAを破壊して死滅してしまうのです。これがフコイダンによる、ガン細胞への第1次攻撃です。
フコイダンによって死滅したガン細胞を顕微鏡で覗いてみると、細胞の輪郭がくずれ、DNAがバラバラに破壊されて、確かにアポトーシスによって死んだことが分かります。
しかし、フコイダンの素晴らしさはこれだけではありません。万一アポトーシスのスイッチを押しても作動しない場合には、フコイダンは次の攻撃をしかけます。ガン細胞の表面に穴を開け、そこに「パーフォリン」という毒素を注入して、ガン細胞のDNAを破壊するのです。これがフコイダンの第2次攻撃です。
このようにフコイダンによる攻撃は、一つのルートがダメならもう一つというようにたたみかける時間差攻撃で、ガン細胞を確実に死滅させるメカニズムになっています。
また、1996年に開催された「第55回日本癌学会学術総会」で「コンブ由来フコイダン及びその酵素分解物により誘導されたヒト胃癌と結腸癌細胞株のアポトーシス」という論文で作用が発表されています。

 

血管新生抑制作用
ガン細胞は、体内の組織に根をはって腫瘍を形成します。周囲の細胞から栄養を奪いながら成長していくわけですが、一定の大きさになると、さらに多くの栄養分と新鮮な酸素を補給することが必要になってきます。
そこでガン細胞は、近くの血管に信号を送り、勝手に自分のための道筋を作らせて、新しい血管を張り巡らそうとします。実際に摘出した腫瘍を見てみると、腫瘍の周りにびっしりと毛細血管状の新しい血管が動脈から引き込まれているのが分かります。このことだけを見ても、いかにガン細胞が生命組織のルールを無視し、勝手なことばかりする無法者であるかが分かるでしょう。
このように、ガンが新しい血管を作ることを「血管新生」と言います。一度新しい血管が作られてしまうと、ガン細胞は体じゅうから栄養素を吸収し加速度的に増殖を続けるばかりでなく、この新しい血管はガンが移転するときのルートにもなるのです。
もし、ガンの血管新生をストップすることができたら、ガンを”兵糧攻め”にして弱らせることができる。そんな研究から発見されたのが、フコイダンの血管新生抑制作用です。そのメカニズムについてはまだ研究途上ですが、実験により確かな効果があることが確認されています。
ちなみに現代医学でも、血管新生を抑制するため、さまざまな新薬が開発されています。しかし化学的に合成された血管新生阻害薬は、何らかの副作用を体に与える危険があります。
その点フコイダンの作用は、さまざまな有効成分の相乗効果によるものですから、確かな効果でしかも体に優しいのが特徴です。2006年に開催された「第55回日本癌学会学術総会」では「低分子化フコイダンによる微小血管新生阻止」という論文で作用が発表されています。

 

免疫力増強
人はなぜ病気になるのでしょうか?
一つには、加齢によって免疫力が衰えることが原因として挙げられます。「若い頃には簡単に治った傷が治りにくくなった」「骨折すると回復に時間がかかる」「ちょっとした風邪やインフルエンザがもとで、重大な病気を引き起こしてしまう」などは、免疫力が衰えてしまったためです。
また、有害物質を摂取し続けたり、偏った食生活、ストレスなどの要因が複合的に積み重なって免疫力が低下することもあります。
このように衰えた免疫システムを活性化させ、ガン細胞への攻撃を側面からサポートする作用が、フコイダンにあることが分かってきました。フコイダンは多糖類(水溶性食物繊維)の一種であり、多糖類には眠っている状態の免疫細胞を揺り起こし、目覚めさせる作用があると考えられているのです。
私たちの体には外敵の侵入から身を守る免疫システムが働いています。このシステムにはさらに、「腸管免疫」という最後のゴールキーパーのような役割を果たす防衛部隊がいます。私たちが栄養素を吸収しようとするときに、一緒に病原菌や雑菌、有害物質などが入ってこないよう、いくつもの検問所があるわけですが、最後の砦となっているのが小腸にある「腸管免疫」です。
フコイダンが小腸に到達すると、腸管免疫は多糖類であるフコイダンを”外敵”と誤認して攻撃を仕掛けます。
その結果免疫システムが活性化され、ガンに対する攻撃力も強化されるというわけです。
またフコイダンには、免疫システムを増強することも明らかになっています。

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】