肝臓を専門に研究を続ける長嶺竹明医師がオキナワモズクの可能性について探る対談の2回目の記事です。今回もオキナワモズクの可能性を感じさせてくれる内容です。

 

【ポイント】

・フコイダンが持つ機能性胃腸症への効果

・肝臓病の進展を予防する作用がある事

・アルコール性肝障害の予防効果

・甲状線疾患の方にも安心

など

 

 

【対談者】

  • 長嶺竹明(ながみね たけあき)

医学博士(前・群馬大学大学院保健学研究科教授)1949年、那覇市生まれ。76年に群馬大学医学部を卒業し、同学部第一内科に入局。保健学科教授を経て11年に同大学院保健学研究科教授に就任。この3月に退官し、4月からは沖縄で治療・研究に携わる。

 

  • 上山貞夫(うえやま さだお)

元・株式会社ヤクルト本社中央研究所リーダー。1943年兵庫県生まれ。神戸大学農学部卒業後、1967年に株式会社ヤクルト本社に入社。中央研究所に勤務し、2004年に定年退職。中央研究所ではフコイダンのもつピロリ菌の定着阻害作用や抗腫瘍作用などの機能性を研究。

 

 

 

胃潰瘍に効果的な沖縄産のフコイダン-②

 

 

長嶺 実は以前から「六君子湯(りっくんしとう)」という漢方薬が機能性胃腸症に効くことが知られていたのですが、そのメカニズムはよくわかっていなかった。近年、六君子湯が胃の働きに関係するグレリンといホルモンに作用することがわかりました。それがきっかけで外国にも認知されるようになったので、フコイダンが機能性胃腸症に効くというメカニズムがはっきりすれば、フコイダンの認知度は飛躍的に高まると思いますよ。日本人のおよそ10人に1人の方が機能性胃腸症で悩んでいますので、潜在的なニーズは大きいはずです。

 

上山 六君子湯は翔薬の集合体として効果が認められたわけですね。

 

長嶺 そうです。あともうひとつ、これは私の領域になりますが、フコイダンがサイトカインなどの生理活性物質を介して、肝臓病の進展を予防する作用があることがわかりました。また、アルコール性肝障害の予防効果があることも報告されています。そのメカニズムはこれから解明しなければいけません。

 

 

 

甲状腺疾患が多い内陸部

 

長嶺 ヤクルトが最初にフコイダンを売り出したのは機能性胃腸症の改善作用を期待したのか、あるいは単なる健康飲料としてなのか、どちらでしょう。

 

上山 その中間あたりだと思いますよ。「まずは一度お茶タイプの飲料として出してみようか」という感じだったのではないでしょうか。販売が開始れたのは10数年前ですが、今では名称を変えて混合茶飲料「爽涼健茶」として販売されています。フコイダンの他に大麦や、はと麦などが配合されていますが、あくまでも飲料なので、私からは「美味しいお茶」としか言えません(笑)。ただしフコイダンは素材としてとても面白いですし、基本的な能力はとても高い素材だと思います。オキナワモズクはまず食べてみて美味しいですよね。食品としての価値はおいしさとか、いつでも安定して手に入れることができるというのが一番大事だと思います。普段美味しく食べているものの中に、潜在的に何らかの効能を持っているかもしれない成分が入っているということでいいのかなと思います。

 

長嶺 以前はモズクを食べてもフコイダンは吸収されないとされていましたが、最近の私たちの研究では、普通においしくモズクを食べてもフコイダンが吸収されているということがわかってきました。今後は日常的に食べた場合、健康にどのようなメリットがあるのかということを明らかにしたいと考えています。

 

上山 フコイダンの話からは少し逸れますが、もともとコンブやワカメなどの海藻類は重金属の含有量が多い。ところがオキナワモズクにはそれがほとんどありません。それも大きなメリットといえます。もともと水分を多く含んでいますから、消化もいいですしね。それにヨード(ヨウ素)含有量も少ないので、甲状腺疾患の人にも安心です。

 

長嶺 確かに、女性の10人に1人が慢性甲状腺疾患といわれています。

 

上山 しかし逆に、中央アジアなどの内陸部のように海藻を食べる習慣がない地域は、ヨード欠乏症が多いのも現実です。

 

長嶺 私が長年住んでいた群馬県は内陸県ということもあり、以前は海藻を食べる習慣が少なかったようです。それが原因で群馬は甲状腺が晴れている人が多いとうことで群馬大学が創設されてまもなくに内分泌研究所という施設もできました。

昔はヨードの摂取量が少なくてのどが晴れている女性がおおいといわれていたようです。不足してもダメなんですね。

 

③に続く

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】