【ポイント】

・オキナワモズク由来のフコイダンは構造がシンプル

・一般的なフコイダンにある、ヘパリン類似作用(血液が固まるのを阻止する働き)がほとんどない

・そのため、たくさん食べても胃潰瘍の人が出血する危険性がない

・フコイダンはピロリ菌を付着させる作用が強い

 

 

 

【対談者】

長嶺竹明(ながみね たけあき)

医学博士(前・群馬大学大学院保健学研究科教授)1949年、那覇市生まれ。76年に群馬大学医学部を卒業し、同学部第一内科に入局。保健学科教授を経て11年に同大学院保健学研究科教授に就任。この3月に退官し、4月からは沖縄で治療・研究に携わる。

 

上山貞夫(うえやま さだお)

元・株式会社ヤクルト本社中央研究所リーダー。1943年兵庫県生まれ。神戸大学農学部卒業後、1967年に株式会社ヤクルト本社に入社。中央研究所に勤務し、2004年に定年退職。中央研究所ではフコイダンのもつピロリ菌の定着阻害作用や抗腫瘍作用などの機能性を研究。

 

 

 

構造が違えば効果も違う

 

長嶺 オキナワモズクから採れるフコイダンの特徴として、構造がシンプルだということが挙げられます。当然のことながら構造が違えば同じフコイダンでも生理活性は異なってきますよね。少し極端な例になりますが、一般的にフコイダンというのはヘパリン類似作用というのがあって血液が固まるのを阻止する働きがあります。ところが、オキナワモズクのフコイダンにそういう作用はほとんどない。ですから見方を変えれば、いくら食べても胃潰瘍の方が出血する危険性がないということです。それはすごくメリットだと思いますね。あと、コンブ由来のフコイダンなどはピロリ菌に対する効果は弱いですよね。

 

上山 そうです。先ほど申し上げましたが、確かにオキナワモズクに含まれるフコイダンはピロリ菌を付着させる作用が強いです。ただし、それを強調しすぎると、医薬品的な感覚で捉えられるので非常に表現が難しくなります。いずれにしても素材としては非常に面白くすぐれた能力を持っていると思います。ですから、長嶺先生にはオキナワモズクから採れるフコイダンの研究をさらに続けて頂きたいと思います。

 

 

【最大50%OFF|ピロリ菌にも強いオキナワモズクと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】