01

共同通信のニュースに興味深い記事がありましたので紹介します。

(記事内容)

食道がんが再発した患者26人に専用の薬剤とレーザー照射による治療法(光線力学療法)を実施したところ、88%に当たる23人のがんが消失したと、京都大病院や名古屋市立大病院、兵庫県立がんセンターなどのチームが26日発表した。

チームの武藤学京大教授は「食道がんが再発した場合、手術や抗がん剤治療をしても長期生存は難しかった。今後、大きく貢献できる手法だ」と話す。今夏にも医療機関で本格的な治療を始める方針。

治療では患者に薬剤を注射した後、レーザー機器を口から入れる。がんの部分にレーザー光を当てると薬剤が反応し、がん組織が消失する。(共同)

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】