現在、世間を騒がせている「新型コロナウィルス」。日本を含め世界中に拡大しています。

同じように、1918年にも「スペインかぜ」が世界的に流行し、世間を騒がせていました。

そんな中、日本ではスペインかぜの致死率が低かったという記述が残っており、それは海藻を食す日本人の食文化にあるという記事が掲載されていました。

お薬と違ってゆるやかな効果かもしれませんが、毎日の食事やサプリメントで少しでも改善されると体にとっても良いですね。

 

【記事】

●1918年のスペインかぜで日本の致死率が著しく低かった理由を探っているうちに突き当たった「抗ウイルス策あるいはサイトカインストーム防御策」。それは海藻とフコイダンに。

https://indeep.jp/seaweed-fucoidan-and-virus-immune-cytokine-storm/