九州大などの研究グループは、体長1ミリの線虫に人間の尿の臭いを嗅がせ、その反応から高い精度でがんの有無を判定できることを突き止め、11日付 の米科学誌電子版に発表しました。

費用は検査1回100円から数百円程度、約1時間半で結果が出るとの事。日立製作所などと組んで装置の開発を進めており、2019 年にも実用化を目指しています。

従来の検査では分からなかった早期がんを発見できる可能性もあり、受診率向上や早期の治療が期待できそうです。

グループの広津崇亮助教(神経科学)は「自宅で採った尿1滴を検査機関に送れば、がんを発見できる。医療費の抑制にもつながる」と説明しています。

わずかな費用で、ガンが早期発見できれば安心ですね。早期の実用化を期待します。

 

※記事のリンク先 http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015031101001801.html

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】