沖縄モズクがどんなに理想的な食品で、すぐれた薬理作用があるといっても、毎日の食事で大量に食べるのは大変です。
例えば、1日にフコイダンを3g~6g摂るとすると、1kgのモズクを食べても摂取できるフコイダン量はわずかに1g。これでは毎日、3~6kgのモズクを食べ続けなければなりません。
しかも私たちの体は、海藻を消化する酵素を持ち合わせていないため、せっかくのフコイダンもほとんど吸収されず、体外に排出されてしまうのです。そこで研究開発されたのが、良質な沖縄モズクから有効成分フコイダンだけを抽出し、吸収率を高めた低分子フコイダン-さらにそこに、太古の地層から生まれたフルボ酸のパワーをプラスするという発想です。

 

フルボ酸とは、はるか数百万年~数千万年前に地球を覆っていた、植物群や動物の死骸などが堆積した「海洋性腐植土」から抽出されたもの。酸素、アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどを豊富に含む栄養の宝庫です。
「海洋性」の意味は、本来海底にあった地層が地殻変動により隆起し地上に露出した腐植土層のこと。フルボ酸には、悠久の時の流れの中で、森と大地と海と、そこに暮らす生きものたちの間で繰り返されてきた「食物連鎖」によって蓄積された、豊富な栄養分が凝縮されているのです。

フルボ酸にはまた、数百年~数千年前の地球上に漂っていた汚れのない「気」が凝縮されていると考えられ、癒し効果も絶大。睡眠の改善、食欲増進、体力回復、精神の安定などにも大きな効果があることが報告されています。

 

オキナワモズク

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】