少し前の話ですが、テレビ東京の人気番組「主治医が見つかる診療所」で腎臓病予防に“もずく”が良いと紹介され話題になりました。

 

【モズクが腎臓病を予防すると言われる理由】

 

水溶性食物繊維に余分な塩分を排出する働きがある。

もずくには、アルギン酸という成分が多く含まれており、このアルギン酸は海藻などに含まれる食物繊維の一種です。元々もずくは「海の食物繊維」と言われるほど食物繊維が豊富な事で有名でした。腸内環境を良くして便秘改善等に効果を発揮すると同時に一緒に塩分を排出してくれる効果もあります。

塩分の摂りすぎは腎臓に大きな負担をかけてしまいますが、アルギン酸にはこの負担を軽減させてくれる働きがあるようです。

 

 

尿酸値を下げ、腎結石などができるのを防ぐ。

もうひとつ、もずくには尿酸値を下げる効果もあります。尿酸値が高い状態が続くと、痛風の原因となってしまうことがあります。そして、この尿酸が腎臓にたまって、腎不全につながることもあります。

もずくには、腎不全を予防してくれる効果があり、これはもずくに多く含まれるフコイダンの働きによるものです。

 

沖縄もずくにはフコイダンが多く含まれているので、毎日の摂取による効果が期待できそうです。

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】

 

 

 

モズク漁場t

 

モズクの食べ方

・お酢と一緒が基本ですが、レシピにひとくふうして、かきあげ、お味噌汁の具、たまごと和えるなど手軽にはじめてみましょう。

 

●最大50%OFF 沖縄もずくに天然のフルボ酸配合の「フルボフコイダン」

液体_注ぎ