沖縄海

 

沖縄産モズクの組成は、フコイダンを抽出するのにも理想的な形をしています。他の褐藻類、たとえばコンブからフコイダンを取り出そうとすると、アルギン酸など他の成分が混入してしまい、その精製には相当な困難と時間がかかってしまいます。その点沖縄産モズクの多糖成分は約90%がフコイダンであるため、純度の高いフコイダンを、より効率的に抽出することができるのです。
沖縄モズクの他に、最近では南太平洋のトンガ王国でも、良質なモズクの生産がさかんに行われるようになり人気が高まっています。

 

【沖縄産モズク】オキナワモズク(通称フトモズク)
西表島から奄美大島にいたる、水温18℃~31℃の海域に育成する、この地域特産のフトモズクで、九州以北のイトモズクに比べ、太くて粘りがあるのが特徴です。沖縄の強い陽射しを浴び、透明度の高い海で育つため、海中のミネラルをたっぷり含むほか、カルシウムやビタミンなどの有効成分も豊富。またフコイダンの含有量、純度、精製の容易さのいずれをとっても最高の健康食品として人気が高まっています。

黒潮の関係で水温が高く、白砂の美しい沖縄の海はモズクの栽培に最適。

30年ほど前から養殖もさかんに行われており、現在では日本のモズク

消費量の90%を沖縄産が占めています。

 

【最大50%OFF|沖縄もずくと天然フルボ酸を使用した唯一のフコイダン】