フコイダンに関する学術発表・ニュース

【オキナワモズクフコイダン対談記事②】群馬大学医学部:長嶺竹明先生×㈱サウスプロダクツ:伊波匡彦社長

【対談者】 伊波匡彦(いは まさひこ) 株式会社サウスプロダクト代表取締役社長 1964年、那覇市生まれ。89年に琉球大学大学院農学研究科修士課程修了。トロピカルテクノセンター等を経て03年にサウスプロダクト創業。同年に […]

【オキナワモズクフコイダン対談記事①】群馬大学医学部:長嶺竹明先生×㈱サウスプロダクツ:伊波匡彦社長

当社のフルボフコイダンの原料である「オキナワモズク」由来のフコイダン。安心・安全な国産であるという点だけでなく、他の海藻類に比べその効果に高い期待が持てるという点に非常に注目しました。その効果については、多くの研究者、ド […]

国立がん研究センター、コーヒーと緑茶で死亡リスク低減と発表

国立がん研究センターはこのたび、コーヒーと緑茶摂取に関する全死亡リスクおよびがんや心疾患、脳血管疾患などの死亡リスクとの関係について明らかにしました。   40~69歳の男女約9万人を対象として、約19年間(平 […]

慶大、海藻粘質成分「フコイダン」の抗がん作用の一端解明|日刊工業新聞

慶応義塾大学理工学部の戸嶋一敦教授と高橋大介専任講師らのグループは、海藻などに含まれる粘質成分「フコイダン」が、抗がん作用を持つメカニズムの一端 を解明した。同成分と同じ化学構造を持つ化合物を人工的に合成、がん細胞に与え […]

東京大学大学院 医学系研究科・薬学系研究科 教授の浦野泰照氏は、同氏らが開発した手術中にがん細胞だけを光らせるスプレー蛍光試薬について、乳がん患者の手術検体で有効性を確かめた。国内外約30の医療機関と共同研究を進めており […]

オキシドールで乳がん治療 加古川の病院長が新手法【神戸新聞】

兵庫県立加古川医療センター(加古川市)の小川恭弘(やすひろ)院長(62)が、過酸化水素(オキシドール)を使って効果を高める放射線治療法を開発し、国内外での普及を目指している。 続きはこちら http://www.kobe […]

早期がん発見に期待、尿の臭いに線虫反応(九州大学発表記事)

九州大などの研究グループは、体長1ミリの線虫に人間の尿の臭いを嗅がせ、その反応から高い精度でがんの有無を判定できることを突き止め、11日付 の米科学誌電子版に発表しました。 費用は検査1回100円から数百円程度、約1時間 […]

もずくの食習慣がある人は、フコイダンも高吸収

【記事のまとめ】 ・沖縄の研究機関と群馬大の共同発表で、モズクの食習慣がある人にフコイダンの吸収効率を調査 ・食習慣がある人は、フコイダンを消化吸収できる酵素を持った腸内細菌ができあがる ・群馬大の長嶺教授は「胃がん予防 […]